1589

「芸術の秋」!この秋行きたい京都大阪の展覧会3選ヽ(´▽`)/


いよいよ肌寒い季節がやってきました。屋外で遊ぶにも良い季節ですが、美術館や博物館は雨の日や寒い日などどんな日でも安心して楽しめますよ!そんな芸術の秋にぴったりの10~11月の展覧会をご紹介します!学生さんなら料金が安くなるかもヽ(・∀・)ノ

料金がお得に?琳派誕生400年記念は今しかない!

「芸術の秋」!この秋行きたい京都大阪の展覧会3選ヽ(´▽`)/

美術館によく行く人はもちろん、絵画?歴史?わからない....という人も!キャンパスメンバーズ制度を利用してお得に芸術の秋を楽しみませんか?

まずは京都国立博物館(京博)で10月10日から行われている、今一番話題の「琳派誕生400年記念特別展覧会」をご紹介。「琳派」とは??歴史の授業で耳にしたことがあるのではないでしょうか。桃山時代に本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、近代まで続いた芸術の流派であるとのことなのですが、Wikipediaによれば

狩野派や円山・四条派といった他の江戸時代の流派は、模写を通じて直接師から画技を学んだのに対し、琳派では時間や場所、身分が遠く離れた人々によって受け継がれたのは、他に類を見ない特色である。

とのこと。つまり京博で以前行われていた狩野派の展示....そちらは「家元」がいて、伝統的な技法があるんですね。それとは異なり、琳派は宗達に影響を受けた尾形光琳や彼らに傾倒した人々・作品の総称ということのようです。それほど後世に多大な影響を与えてきた琳派。これは見に行かないといけませんね!!

ちなみに龍大生はみんなキャンパスメンバーズの会員なので、今回の展示も団体料金と同じ1000円で見ることができますよ!京博以外でも琳派の展示はいろいろなところでやっているのでどれか一つでも行ってみるのはいかがでしょうか?

ルーブル、マグリット、その次は?~京都市美術館~

「芸術の秋」!この秋行きたい京都大阪の展覧会3選ヽ(´▽`)/

先日ルーヴル美術館展が行われ、行列ができていた京都市美術館。ルーヴル美術館展と、今月12日まで行われていたマグリット展は7~9月には展示が重なっていたこともあり、一時は〇時間待ちのプラカードまで見られました。

そんな京都市美術館の次回の展示は、10月24日からはじまる「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち-世界劇場の女性-」。両者ともオランダの画家なんですね。ルーヴルのほうでもフェルメールの“天文学者”が展示されていましたし、フェルメールの作品には暗示らしきものが多いということで有名でもあります。

また、レンブラントの“夜警”、“テュルプ博士の解剖学講義”などはみなさん一度はどこかで目にしたことがあるかと思います。ちなみに私事ですが、中学生の時に美術の授業で好きな絵画の模写をすることになったとき、レンブラントの“真珠の耳飾の少女”を描きました(笑)懐かしい....

 

今回の展示では日本初公開作品もあるとのこと!!こちらも是非行くべきですね!

錦絵誕生250年!写楽・鈴木春信の作品を大阪で

「芸術の秋」!この秋行きたい京都大阪の展覧会3選ヽ(´▽`)/

再び日本です(笑)

今年は「錦絵」の誕生からもちょうど250年ということで、こちらも盛り上がっているようですよ!

浮世絵・錦絵の歴史については公式HPのこのページ(http://pma2015.jp/highlight.html)をご覧ください。

ということで、東京⇒静岡、そして大阪にやってきました「フィラデルフィア美術館浮世絵名品展」。

場所はあべのハルカス16階の、あべのハルカス美術館です。日本で生まれた作品でも現在は海外各国に所蔵されているということはありがちなことですが、今回はその多くが日本で見られるとのことです!!

また、ハルカス展望台の入場券と展覧会の入場券をセットで買うと350円安く(※大学生料金)買えますよ\(^o^)/さすが商売の街大阪ですね.....(笑)

 

以上がこの秋の展覧会3選でした。芸術の秋、静かに作品を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

友だち追加数

Facebookでコメントする

メディア運営の募集ページへのリンク